あすたっと
ブログパーツ アクセスランキング

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


カテゴリ

GER (1)

アクセスカウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • 2016年9月の読書メーターまとめ

2016年9月の読書メーター
読んだ本の数:7冊
読んだページ数:2343ページ
ナイス数:100ナイス

3月のライオン 12 (ヤングアニマルコミックス)3月のライオン 12 (ヤングアニマルコミックス)感想
前巻の息の詰まるようなシリアスな雰囲気とは打って変わって幸せな空気に包まれている12巻。キャラクターがみな笑顔でいるのが印象的で、最後までほのぼのとした気分で読めた。今回の夏祭りの出来事を機にあかりさんを取り巻く人間関係にも大きな変化が訪れそうで今後が楽しみ。しかし、雷堂さんは相変わらず良いキャラしてるなぁ。普段のおちゃらけたイメージと時折見せる真剣な表情のギャップがたまらないです(笑)
読了日:9月29日 著者:羽海野チカ
ブレイブ・ストーリー (下) (角川文庫)ブレイブ・ストーリー (下) (角川文庫)感想
壮大な物語は爽やかな余韻を残してフィナーレ。ワタルの最後の決断がこれまでの旅があったからこそ意味のあるものになっていたのが良かった。未来をどう切り拓けるのかは結局自分次第。憎しみも嫉妬もすべて自分の中にある感情の一部として受け入れて、前に足を踏み出すことが重要なのだと思えた。また何年後かに読み返してみたい。
読了日:9月27日 著者:宮部みゆき
波よ聞いてくれ(1) (アフタヌーンKC)波よ聞いてくれ(1) (アフタヌーンKC)感想
今までに読んだことのない作品という感じで面白かった。主人公のキレのある言い回しと小気味良い掛け合いが癖になる。周りを固める登場人物もみな個性的で良い。
読了日:9月25日 著者:沙村広明
ブレイブ・ストーリー (中) (角川文庫)ブレイブ・ストーリー (中) (角川文庫)感想
異世界でのワタルの大冒険譚。王道ファンタジーの流れを汲みつつも、人種差別や民族紛争といった現実的な問題に踏み込んだ内容になっているのが面白い。ページをめくるごとに勢いを増していく物語、はたしてワタルは運命の塔に辿り着くことができるのか。下巻も楽しみ。
読了日:9月25日 著者:宮部みゆき
君の名は。 Another Side:Earthbound (角川スニーカー文庫)君の名は。 Another Side:Earthbound (角川スニーカー文庫)感想
原作小説、映画で消化不良だった部分が補完されていてスッキリ。本編では悪役のように描かれていた三葉の父親も最後の話を読むと見方が変わった。彼にも護るべきものがあって、そのために必死になっていたのだと思うと憎めない気持ちになる。これを踏まえた上でもう一度映画を観ると面白いと思う。
読了日:9月18日 著者:加納新太
ブレイブ・ストーリー (上) (角川文庫)ブレイブ・ストーリー (上) (角川文庫)感想
全編にわたってファンタジーなのかと思いきや、上巻の大部分が生々しい現実的な話で占められていて驚き。平穏な日常が崩れていくまでの過程が細やかに描かれているので、主人公が異世界へと旅立つ理由としては十分だが、それにしても現実パートはちょっと冗長だったような気がしないでもない。ひとまず中巻に期待。
読了日:9月18日 著者:宮部みゆき
風は青海を渡るのか? The Wind Across Qinghai Lake? (講談社タイガ)風は青海を渡るのか? The Wind Across Qinghai Lake? (講談社タイガ)感想
人工生命体と人間の価値の違いに迫るWシリーズ第3弾。既存シリーズとの繋がりも含めて秘められていた謎が次々と明らかになり、ますます続きが気になる展開に。そしてラストで登場したある少女の名前に衝撃。一体彼女にはどこまで先の未来が見えているのだろう...。
読了日:9月2日 著者:森博嗣

読書メーター





  • 2016年8月の読書メーターまとめ

2016年8月の読書メーター
読んだ本の数:9冊
読んだページ数:2175ページ
ナイス数:142ナイス

砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない  A Lollypop or A Bullet (角川文庫)砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない A Lollypop or A Bullet (角川文庫)感想
作者があとがきでも述べているように、なんとも形容し難い不思議な読後感の残る作品だった。冒頭の結末だけ抜き取ってみれば悲劇の物語なのだけれど、最後まで読んでみると決して悲劇なだけの物語ではなく、微かな希望の残る救いの物語でもあったように思えた。藻屑との死別がなぎさを少しでも良い方向へと導いてくれることを切に願う。
読了日:8月31日 著者:桜庭一樹
夏期限定トロピカルパフェ事件 (創元推理文庫)夏期限定トロピカルパフェ事件 (創元推理文庫)感想
夏の暑さを吹き飛ばすような冷んやりとした苦味のある終わり方が素晴らしかった。前巻で仄めかされていた小山内さんの本性が露わになったわけだが、今回の一連の事件がすべて彼女によって仕組まれたものだったのかと思うともう恐怖しかない。そしてラストでついに小市民の互恵関係を解消してしまった二人。はたしてこれからどうなるんだろう...。
読了日:8月31日 著者:米澤穂信
ダンジョン飯 1巻 (ビームコミックス)ダンジョン飯 1巻 (ビームコミックス)感想
話題のダンジョンファンタジー漫画。思っていた以上に読み易くて面白かった。既存のダンジョン探索要素に加えて、道中で倒したモンスターを料理しておいしくいただくというグルメ要素があるのが新しくて良い。キャラクターもみんな表情豊かで生き生きとしており、読んでいるこちら側まで楽しくなってくる。次巻も楽しみ。
読了日:8月31日 著者:九井諒子
進撃の巨人(20) (講談社コミックス)進撃の巨人(20) (講談社コミックス)感想
息もつかせぬほどのスピード感のある展開が心地いい。話も着実に終わりへと向かっているような印象を受けるので、そろそろ地下室で世界の真実がわかるのかな。それにしても己の夢を友に託し倒れていく者と託された者の関係は熱いけど残酷でもあるなぁ。アルミンがあんなことになっちゃってエレンはどうなるんだろう...。
読了日:8月30日 著者:諫山創
春期限定いちごタルト事件 (創元推理文庫)春期限定いちごタルト事件 (創元推理文庫)感想
善良な小市民を目指す小鳩くんと小山内さんの日常を描いたお話。謎解き要素もいくつかあるけれど、基本的にはこの二人のキャラクター性と関係性が主軸になるのかな。今作を読んだ限りだと小鳩くんも相当癖の強い人物のように思えるのだけれど、そんな彼に「狼」と称される小山内さんは一体どんな秘密を抱えているんだろう...。続きが気になるので早く夏期限定も読みたい。
読了日:8月29日 著者:米澤穂信
小説 君の名は。 (角川文庫)小説 君の名は。 (角川文庫)感想
映画の予習として。すれ違う男女を描いた恋愛モノは新海監督の真骨頂だと思いますが、今作でもそれは健在。入れ替わった両者の心の機微が繊細に描写されており、思わず二人に感情移入してしまいました。もがき続けた末に手に入れた未来から見える景色はきっと輝きに満ち溢れたものなのだと、そう思わせてくれる素敵な物語でした。映画も今から観るのが楽しみです。
読了日:8月28日 著者:新海誠
チルドレン (講談社文庫)チルドレン (講談社文庫)感想
5編からなる連作短編集。縦横無尽で捉えどころのない陣内のキャラに翻弄されつつも、続きが気になり一気に読了。どの話も軽い内容ながらもぐっとくる場面があって、それがとても伊坂さんらしいなと感じた。どうやら続編が出ているらしいので、近いうちに手に取ってみたいと思う。
読了日:8月24日 著者:伊坂幸太郎
予告された殺人の記録 (新潮文庫)予告された殺人の記録 (新潮文庫)感想
初ガルシア。短いながらも凝縮された内容で、一度読み出すと頁をめくる手が止まらなかった。計算し尽くされた構成と緻密な描写はお見事としか言いようがなく、社会的背景を交えた上で淡々と語られる事件の裏側に隠された真相には感嘆。人間の悪意がもたらした悲劇を描いた傑作。
読了日:8月24日 著者:G.ガルシア=マルケス
夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫)夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫)感想
京都を舞台にしたポップな恋愛ファンタジー。相変わらず森見さんの独特な文体は物語に入り込むまでが大変ですが、慣れると癖になりますね。個性に満ち溢れた魅力的な登場人物達も健在で安心しました。木漏れ日が差すような温かみのあるラストも印象的。
読了日:8月14日 著者:森見登美彦

読書メーター






秋アニメまでにはなんとかブログに復帰できるようにしたいです...。
  • 2016年5月の読書メーターまとめ

2016年5月の読書メーター
読んだ本の数:6冊
読んだページ数:1737ページ
ナイス数:154ナイス

ARIA 完全版 ARIA The MASTERPIECE 3 (BLADE COMICS)ARIA 完全版 ARIA The MASTERPIECE 3 (BLADE COMICS)感想
何度読んでも新鮮な気持ちになれる。美麗なカラーページも素晴らしいです。
読了日:5月15日 著者:天野こずえ
そして誰もいなくなった (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)そして誰もいなくなった (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)感想
ミステリ小説の金字塔的作品。クリスティー作品は初挑戦だったけれど、文句無しに面白かった。外界から隔離された舞台で繰り広げられる緊迫感のある殺人劇、追い詰められていく登場人物達の心理描写、オチのつけ方などどれを取っても一級品で、色褪せることのない名作とはこういうものを言うのだと思い知らされた。機会があれば他のクリスティー作品にも挑戦してみたい。
読了日:5月8日 著者:アガサ・クリスティー
アヒルと鴨のコインロッカー (創元推理文庫)アヒルと鴨のコインロッカー (創元推理文庫)感想
一度読み始めると続きが気になりページをめくる手が止まらなかった。過去と現在が交錯しながら話が展開される構成が面白く、また何気ない部分が伏線になっているのも良かった。登場人物達の軽妙な掛け合いも心地よく、読み終えると切なさと爽快感が入り混じった複雑な感情が込み上げてきた。人って案外脆い生き物なんだなとか、そういうのを考えさせられる話でもあったと思う。伊坂さんの他の作品も読んでみたいな。
読了日:5月8日 著者:伊坂幸太郎
やがて君になる (2) (電撃コミックスNEXT)やがて君になる (2) (電撃コミックスNEXT)感想
お互いを理解しようとすればするほど拗れてゆく関係が堪らない。決して交わることのない想いの着地点がどこになるのか今から楽しみになってきた。脇を固める人物も皆一癖も二癖もあるキャラばかりで良い感じです。
読了日:5月8日 著者:仲谷鳰
亜人(8) (アフタヌーンKC)亜人(8) (アフタヌーンKC)感想
佐藤さんの常軌を逸した侵入方法に痺れる。やはりこの人が動かないと面白くない。戦闘面でも亜人の能力をフルに活用したトリッキーな戦術で魅せてくれます。一方、その佐藤さんの予想外の登場に苦戦を強いられる永井。作戦と呼べるものが崩壊した状況下でどう動くのか...早くも次巻が楽しみ。
読了日:5月7日 著者:桜井画門
ハイキュー!! 21 (ジャンプコミックス)ハイキュー!! 21 (ジャンプコミックス)感想
熾烈を極めた白鳥沢戦も今巻でついに決着。各々が望むもののために全力を尽くす姿は敵味方関係なく格好いい。スポーツものとしても青春ものとしても嫌味なく完成度が高く、面白かったです。「バレーは常に上を向くスポーツだ」痺れました。次巻も楽しみです。
読了日:5月2日 著者:古舘春一

読書メーター




  • 2016年4月の読書メーターまとめ

2016年4月の読書メーター
読んだ本の数:5冊
読んだページ数:1192ページ
ナイス数:48ナイス

羊と鋼の森羊と鋼の森感想
本屋大賞と聞いて。全体を通して派手さや意外な展開こそないが、自然と心に染み渡っていくような、そんな温かみのある作品だった。不器用ながらも音楽と誠実に向き合おうとする青年の姿はただ眩しくて、彼を見ていると、ひとつの物事に没頭し、情熱を注ぐことができるだけでも十分に立派な才能なんじゃないかと思えた。道に迷ったときにまた読み直してみたい。
読了日:4月30日 著者:宮下奈都
僕だけがいない街 (8) (カドカワコミックス・エース)僕だけがいない街 (8) (カドカワコミックス・エース)感想
時空間サスペンス、堂々のフィナーレ。途中ダレた部分もあったけれど、全体的に見れば綺麗にまとまっていたと思う。リバイバルという奇跡の現象の果てに悟は何を手に入れたのか、その答えがこの最終巻に詰まっていたような気がする。鮮やかなタイトル回収もお見事でした。
読了日:4月30日 著者:三部けい
メイドインアビス 4 (バンブーコミックス)メイドインアビス 4 (バンブーコミックス)感想
前巻に引き続き可愛らしい絵柄に反して容赦のない残酷な内容が描かれる。ここにきてボンドルドの得体の知れなさと恐ろしさがより一層際立ってきた。表情豊かなナナチの可愛さが唯一の癒しだけど、どこか危うい雰囲気が漂っているのが不安。
読了日:4月30日 著者:つくしあきひと
虚構推理 (講談社文庫)虚構推理 (講談社文庫)感想
コミカライズ版の続きが気になり購入。なるほど、そうきたかと思わせる新感覚の変則ミステリ。妖怪や亡霊といった伝奇的な要素を取り入れつつも、あくまで本筋はしっかり論理の積み重ねで勝負してくるところが面白い。軽妙なキャラの掛け合いも心地良く、満足の一冊。
読了日:4月21日 著者:城平京
ライ麦畑でつかまえて (白水Uブックス)ライ麦畑でつかまえて (白水Uブックス)感想
子どもが大人になるために、誰もが通らなければならない青春の通過点を若者と等身大の主人公の視点を介して鮮やかに描いた一冊。正直に言うと、ホールデンの極端すぎる言動には共感はできなかった。けれども、それがインチキな大人の世界に染まりたくないが故の純粋な少年の必死の抵抗だったのかと思うと何だか切ない気持ちになる。また歳を重ねた後に再読してみたい。
読了日:4月10日 著者:J.D.サリンジャー

読書メーター




機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第24話の感想です

≪あらすじ≫(TVアニメ公式サイト
り引用)
ついにエドモントンに到着したオルガたち鉄華団だが、蒔苗の会議場への到着を妨げようとするギャラルホルンの攻撃を受けてしまう。

誤って23話の感想を削除してしまったorz


「誰が死んで誰が生き残るかは関係ねぇ。俺達は一つだ。俺達は『家族』なんだ。

鉄華団の未来のためにお前らの命を賭けてくれ」


もう後には退けない。決死の囮作戦。作戦というよりは捨て身の特攻に近い行為。それを知らされてもなお誰も鉄華団を降りようとはしない。なぜならそれを乗り越えた先には今よりも大きい「未来の報酬」が待っているから。
歪んだ在り方だとわかっていても、それでも信じた未来のために進むしかない。そんなオルガの、鉄華団の意志が伝わってきたシーン。

その一方で、メリビットさんは彼らの歪んだ在り方は間違っていると言う。確かにその通りだとも思う。
死んだビスケットもフミタンも武力による解決なんて望んではいないだろうし、「家族」はこんな犠牲を伴う作戦の引き合いに出していい言葉じゃない。ただ、同時に今のメリビットさんには彼らを止めるだけのものがないというのもまた事実。勿論それは視聴者である私も同じ。
だから間違っているとわかっていても彼女も、そして視聴者も彼らの行く末を傍目から見守ることだけしかできない。この辺がなんとも歯痒いというか、越えられない壁のようなものを感じたよね。





逆襲のアイン君。作戦完遂を目前にした鉄華団の前に突如として現れ、味方のMSパイロットを次々と撃破していく姿はまさに厄災をふりまく悪魔そのものといった感じ。
正直、アイン君に対してはこれまでどうにも掘り下げが甘くキャラとして薄い印象があって、はたして彼に鉄華団を追い詰める大役が務まるのかという不安が拭えなかったのだけれど、ここまで突き抜けてぶっ壊れられると面白いな。
狂気に一切の身を委ねた敵キャラというのは今作では初で不気味さを加速させるし、上官の死を「言い訳」にして破壊だけを望んでいるというイメージを植え付けてくるのもどこか鉄華団と共通する部分が感じられて面白い。

悪魔、という意味では三日月にとってのラスボスとしての風格も十分だし、さらなる活躍に期待したい。


切迫と絶望の第24話。敵味方共に役者が出揃い、いよいよ最終決戦の様相を帯びてきた感じ。2期があるかどうかはまだ定かではないですが、一旦の決着として鉄華団とギャラルホルンの戦いはしっかり描き切ってほしいなと思います。それでは。




ところで、アジーさんはガチの退場っぽいけど、ラフタとシノはどうなんだろう。
明確な死亡シーンが描写されていないし、二人ともフラグをいくつか残していた感じもするから、そういう意味ではまだ生存の可能性ありか?

そしてガエリオの前に現れたマクギリス。仮面を取ったということはここでガエリオを消す算段なんだろうか。色々板挟みになってるガエリオが作中で一番可哀想に思えてきた。いや、苦しみは比べるものなんかじゃないというのはわかってはいるのだが...。



次回:『鉄華団』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。